ピルとサプリの併用は大丈夫?

ピルの生理遅らせる効果はエストロゲンによるもの

ピルには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲストーゲンが入っており、飲むことで妊娠中のホルモンバランスに近い状態を作り出します。
そのためピルを飲むと排卵が起きなくなり、妊娠を防ぐことが可能になります。
また排卵がなくなることで受精卵が着床する可能性がなくなるので子宮内膜の増殖が抑えられて、厚くなることもなくなるので子宮内膜症などの治療にも効果があります。
ピルに含まれているエストロゲンは卵胞ホルモンといい子宮内膜を増殖、乳腺の発達などに影響を与える作用があります。
子宮内膜が厚くならないので生理の出血量も少なくなり、飲み続けることによって生理周期を28日に整えることができるので1か月前から飲めば大切な用事がある日を避けて生理開始日を調節して生理遅らせることもできます。
ピルを利用して生理遅らせる方法はあらかじめ決まっている日数を飲み終えた後に休止せずに飲み続けて生理が来ないようにします。
飲むのをやめてから2、3日で生理が来るようになります。
ピルにはエストロゲンなどの成分が入っているもの3週間分と、毎日飲むことで飲み忘れを防ぐためのホルモン成分がはいっていないもの1週間分がセットになっており、落としてしまったときなどの予備のものが入っているものもあります。
この予備のものを使用して3週間以上エストロゲンのはいっている薬を飲むことで生理遅らせることができます。
ただしずっと飲み続けてしまうと不正出血を起こす可能性や無月経になってしまうことがあるため、自己判断で飲み続けるのではなく医師への相談が必要です。
緊急に生理遅らせる場合には1か月前からではなく生理予定の1週間前から生理を遅らせたい日まで飲み続けることでも可能です。