ピルとサプリの併用は大丈夫?

性行為の妊娠から守るピルと原因

ピルは女性が毎日服用することで、女性ホルモンに働きかけて、妊娠防ぐ作用が働きます。ピルを飲み忘れたとしたら、妊娠する原因にもなりますから、毎日同じ時間に飲むことが大切です。継続しての服用により、性行為でも妊娠を防ぐ確率は高まります。

ピルを飲まないことが原因で性行為により妊娠の可能性があるときには、アフターピルを利用する方法もあります。性行為により避妊に失敗し、まだ妊娠を希望しない人向けにある、緊急の避妊薬になります。受精卵が着床するのを防止するための女性用ホルモンで、通用服用する低用量ではなく、中容量のピルになります。安全日とわかっていても、万全な避妊ができていないことが原因で、妊娠をしてしまう可能性もあります。そうならないためにも、ピルは力になってくれます。

ピルは服用を始めたら、継続的に服用することになりますが、ずっと妊娠ができないことではありません。妊娠していない状態の人なら、お薬を服用することは、いつからでもスタートできますし、妊娠を希望する時が来たら、服用をストップすることで、妊娠しやすくなります。服用をしているあいだは、高い確率での避妊につながります。男性だけに頼りきった避妊だけではなく、女性が自分の体を自分で守ることのできる方法でもあります。

性行為によっての、望まない妊娠を防ぐためには、他にも併用して対策をしたほうが、安全どもレベルが上がります。それは男性側の責任にもなりますが、コンドームを使用するということです。コンドームのみでは、やぶれたり傷が付いたりしたら一大事です。しかし、併用することによって、妊娠をしない対策としては、安心のレベルは高いものとなっていきます。