ピルとサプリの併用は大丈夫?

避妊用のピルで蕁麻疹が出た場合の対処方法

避妊用のピルを服用していて蕁麻疹が出た場合には薬疹である可能性があるので、医療機関を受診して適切な治療を受ける必要があります。また避妊用のピルには多くの種類があるので、蕁麻疹が出にくいタイプのピルに変更をしてもらうこともできます。避妊用のピルに関しては副作用などに個人差があるので、蕁麻疹がでる場合もあります。このような時には薬を変更してようすを見るのが一般的で、なるべく副作用の出にくいものを選択しなければ長期間の服用をすることが難しくなってしまいます。ピルは女性ホルモンに作用する薬なので、服用をしたばかりの時には吐き気や頭痛などが起こりやすくなります。これはホルモンバランスが変化することで出る症状なので、数日間飲み続けると出なくなる可能性があります。低用量ピルの服用方法は生理の初日から飲み始めて毎日同じ時間に服用をして、21日間連続で飲み続けます。このときに飲み忘れてしまうと2週間は避妊効果がなくなるので、男性に避妊具の装着をさせるなどの対処が必要となります。婦人科などの医療機関を受診すると避妊用として低用量ピルが処方されますが、ネットでも購入することができます。医療機関を受診して避妊用ピルの処方を受けると副作用のリスクを減らすために血液検査などを定期的に受けなければならないので、それを受けたくない場合にはインターネットで手に入れることもできます。しかし副作用のリスクなどを医師から説明されないまま服用することは非常に危険で、ホルモンバランスの変化によって起きる頭痛や吐き気などが起きた場合には医療機関を受診しなければならないので、専門の知識を持っている医師の指導を受けてから服用する方が安全性は高まります。